胡蝶蘭を購入したら適切なマナーで送ろう

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

当然ではありますが、法人に向けて胡蝶蘭を購入して送る時もマナーをあらかじめ把握して、購入することが求められるでしょう。もしマナーを知らずに購入をして送ると、法人へ迷惑をかける可能性もあります。また、不快感を抱く人もいます。

白まず、マナーとして挙げられるのがいつ送るかです。基本的に開店祝い、昇進祝いにおいては当日送る人もいますが、当日業務に追われる法人さまも少なくないです。もし業務で当日は忙しいのではないかと思われる人は前日かそれ以前に送る方もいるので、贈る時は時期についても検討するようにしましょう。

その他にもお花の色をあらかじめ決めておくと購入をする際にスムーズに買うことができます。お祝い事に対してどのようなお花の色がふさわしいのか知らないという人も少なくないですが、迷った時は一般的に白を選択する人が多いです。また、贈り物として胡蝶蘭を購入するため、ラッピングをしてもらうこともマナーの一つです。もしラッピングがなければプレゼントとしてふさわしくない可能性があります。

関係の深さで予算を決めることもマナーの一つです。基本的に会社関連で送るケースでは1万円から3万円が一般的ですが、送る方と企業との関係性などを考慮して適切な価格の胡蝶蘭を購入するようにしましょう。

札やメッセージを活用する

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

基本的に開店祝いや移転祝いのために法人に向けて胡蝶蘭を購入して送る方の多くはメッセージや札を活用してお祝いをする人が多いです。絶対に必要ということはありませんが、送り主の名前やメッセージを添えることで送り主、受取人両方に利点があります。ではどのような利点があるのでしょうか。

開店祝い例えば送り主側は自分自身をアピールすることができます。例えば法人から法人へ胡蝶蘭を送ることもありますが、もし送り主の企業名を記載して開店祝いのプレゼントとして胡蝶蘭を贈れば来店者がその札を見て企業名を知ることができます。つまり、企業名を見てもらえる機会を作ることができるので、企業の知名度上昇などを期待することができます。法人が開店祝いとして送る時だけでなく、個人が送る時も個人名を札などに記載してプレゼントとして胡蝶蘭をお渡ししている人も少なくありません。

受取人側は社会的付き合いの広さを来店者に知ってもらうことで来店者からの信頼度アップ等を期待することができます。また、花を贈られる側の利点は、開店をする人がお店の玄関のところに胡蝶蘭を飾ることで、お店が開店したことを周囲の人に知ってもらうことができ、お店の宣伝効果を期待することができることでしょう。

購入の際の通販サイトの選択ポイント

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

法人向けの胡蝶蘭を購入することを考えている人であれば、胡蝶蘭通販サイトを検討することもあるでしょう。今ではインターネット上で通販サイトを公開してお祝い事のための胡蝶蘭を扱うお店はたくさんあります。そのため、それぞれの通販サイトで特徴が異なり、選択を誤ると後悔する可能性があります。

通販サイト通販サイトを選ぶ時はなるべく鮮度の高い胡蝶蘭を扱ってくれる通販サイトを選択します。もし鮮度が低い胡蝶蘭を扱っているお店を選択すると、法人へお渡しする時には既に花弁などが傷んでしまう可能性があります。傷んだお花は受け取った人の中には祝い事にはふさわしくないと思われる人もいるので、なるべく鮮度の高いものを扱っている店を選択し、喜んでもらえるような胡蝶蘭を購入します。

通販サイトを選択する時は種類が豊富なところを選択することで幅広いラインアップから相手の人が喜んでくれる胡蝶蘭を選択することができます。例えば開店祝いにはスタンド花を選択したいと考える人もいます。スタンド花を扱っていないお店を選択すると思い通りのスタイルでお祝いをすることができなくなる可能性があります。ラインアップが豊富なところを選択すれば適したスタイルで胡蝶蘭をお渡しすることができます。

法人用に向けた胡蝶蘭の購入をしよう

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

法人へ胡蝶蘭をプレゼントしたいと考えている団体、個人もいるのではないでしょうか。法人とは企業等のことで、企業へ祝いのプレゼントを贈る機会は少なくありません。例えば昇進、昇格祝いとしてプレゼントをしたり、開店祝い、移転祝いなどさまざまな祝い事が法人にはあります。このような法人向けの祝い事に関しては胡蝶蘭を選択するという人も多いです。

胡蝶蘭胡蝶蘭の花言葉には幸福が飛んでくるという意味があり、祝い事に適しているお花として知られています。そのため、胡蝶蘭はさまざまなビジネスシーンに適しているお花として紹介されることもあります。確かに企業向けのお祝いだけに用いられるのではなく、母の日などにもプレゼントとして胡蝶蘭が活用されるケースが多いですが、開店祝いなど企業向けの祝いに胡蝶蘭を選択する企業や個人は少なくありません。

また、胡蝶蘭はお祝い事だけでなくお悔やみ、お供え花としても活用され、祝い事以外にも用いるケースがあります。今では胡蝶蘭を扱うお店は街中のお花屋さんだけでなく、インターネットを利用すれば通販サイトもあるので、自宅近くにお花屋さんがないという方でも購入をして法人へのお祝い事に活用することができます。

初めて法人向けの胡蝶蘭の購入を検討している方の中には法人へ失礼がないようにプレゼントしたいと考える人もいるのではないでしょうか。今回は法人向けの胡蝶蘭の購入する際に抑えておきたいポイントなどを紹介します。